コーチングとは何か

コーチングとは

 

私が考えるコーチングとは何か。about にも書いたが、そこでは伝えきれない想いを書いてみたい。

私はコーチングとは「その人の存在の純度をあげていくお手伝い」だと思っている。「存在の純度」とは抽象的な表現だが、その人を本当にその人たらしめている本質的な部分、核のようなもの(魂と言ってもいいと思う)、そんな部分のエネルギーが存分に放たれていればいるほど、存在の純度が高いと私は捉えている。

(私はこんな人間で、どうしてもこう生きずにいられない)。そんな本質としっかり繋がって、壁にぶつかろうと、無関心や横槍に傷つこうと、何度でも立ち上がって、泥臭く、真っ正直に自分を生き続けようとする。そんな「存在の純度が高い人」に私は強烈に惹かれる。そして人は本来、そのように生きたいのではないかとも思う。なぜなら、そんな風に生きている人が発散するエネルギーは、クリアーで喜びに満ちていて、周りに明るさや幸せをもたらし、そのことでまたその人自身も、存在の深いところで喜んでいるように見えるからだ。

存在の純度は、年齢や経験、知識の多寡、能力などとは関係がない。その人らしく生きるのに必要な材料は全て、その人の内に備わっている。ただ、これまでの人生で身につけた、もしくは身につけざるを得なかった様々な思考の型や癖、習慣、役割、条件づけ、そして心の傷や痛みが、本来のその人を覆い隠していることが多い。すると、本質から放たれるエネルギーは弱まってしまう。

本質を覆い隠す要素には勿論、必要なものもある。ただ、自分がどんな風にそれらに影響されているか自覚するだけで、人生の風景は全く違って見えてくる。その人の本質的な要素とオプション的な要素を識別して、要らないものは手放し、或はラベルを書き替え、或は自分の意志で出し入れ可能にして、本当に必要なものとより強く、深く結びついて行動していく。そこをサポートするのがコーチの役目だと思っている。

シェア!

まずは体験セッションから

コーチングとはどんなものか、言葉で説明されても、なかなか分からないと思います。人と人同士の関わりである以上、コーチとの相性もあります。コーチングとはどんな質感か、まずは気軽に体験してみてください。(無理な勧誘はいたしません。また、コーチには守秘義務があり、お話しされた内容が外に伝わることはありませんので、安心してお受けください)
menu-image-taiken