年齢の概念がない世界

 
先日ショート・コーチングを受ける機会があり、40年後の私をイメージしてみました。私は時間軸に純粋な未来を持たないタイプで、今を深く、奥に進むと未来が見える感じなのですが、そこで出会った40年後の私とは・・・
 
なんと、今とあまり変わらない。むしろ、今より健康で心も頭も身体もスッキリしている。骨も筋肉も、身体がすべてうまく連携していて、地球の生き物として、すこやかに存在しているという驚きの感覚でした。
 
そしてコーチの「若々しいね」の言葉に引っかかりを覚え、そもそもこの状態だと「若い」とか「年」という概念自体がないことに気づいたのです。
 
今の私たちは、誕生日から1年経つごとに1歳年を取ることにしようね、というルールで生きてるから、私なら42歳ってことになるのだけど、もしこれが「誕生日から10年経ったら、1歳にしようね」というルールだったら、私はまだ4歳。法律だって「お酒を飲めるのは2歳から!」(笑)
 
年齢は、多くの人が共同生活する時に便利に生きていくためのルールに過ぎないのだから、自分の内側で勝手に自分を何歳と思うかは、マイルールで決めてもいいのですよね。たとえば「私なっちゃん、4歳!」みたいなね。そうしたら年齢という概念が、どうでもよくなってくる。
 
社会のルールがそうだからと言って、頭から合わせたり、受け入れる必要はなくて、内的に選択することは幾らでも可能なのです。(あ、今このシーンは社会的な年齢を、便宜的に使いましょうね)ぐらいな軽い握りでも全然、問題ない訳で。
     
無意識に受け入れていたルールから自分を引き剥がし、再選択していくことで、枠がなくなり、より自由な意識状態になってゆくのだなぁ、とこの体験を通して思ったのでした。
 
そして意識が変われば、確実に現実も変わるのだと思います。
実際、このセッションから数日後に、身体の叡智に関するぶっ飛びワークを受けて、体が進化(というより、アンバランスな状態を脱し)始めました。
「意識が人生をクリエイトする」を自分を実験台にしながら、体現していきたいと思うこの頃です。

シェア!

まずは体験セッションから

コーチングとはどんなものか、言葉で説明されても、なかなか分からないと思います。人と人同士の関わりである以上、コーチとの相性もあります。コーチングとはどんな質感か、まずは気軽に体験してみてください。(無理な勧誘はいたしません。また、コーチには守秘義務があり、お話しされた内容が外に伝わることはありませんので、安心してお受けください)
menu-image-taiken